FileMaker18で新たに追加されたバーコードは4つ。

お世話になっております。
KK・Customizeの久保でございます。

今回の記事では、”FileMaker18”で新たに追加された
バーコードの種類をご紹介致します。

FileMaker17ですでにいくつか追加され、
今回の追加された種類はあまり馴染みのない
バーコードにはなります。

しかし、多種多様な業界に精通する
FileMakerであれば、その使い道は多様化しそうです。

FileMaker Goで新たに読み取れるバーコードは4つ

FileMaker Goではバーコードを読み込むことができ
何かと便利なバーコード取得機能。

新たに追加されたバーコードは、以下の4つです。

PDF417

一番身近な利用例としては、
飛行機のチケットに印刷されているバーコードです。

バーコードを読み取ると、

 ・便名
 ・ご搭乗日
 ・出発時刻
 ・ゲート番号
 ・座席番号

などのデータを読み取ることが出来ます。
発着空港や便名等かなりの情報が詰まっていることが解ります。

ITF-14

物流で使われる国際的なコードです。
商品が入っているダンボールに印字されている情報を見ることが出来ます。

Aztec

二次元バーコードの一種です。
以下のサイトを参照すると、
「航空券などの旅行書類、さらには自動車の登録書類に使われています。」
と記述されています。

https://www.cognex.com/ja-jp/resources/symbologies/2-d-matrix-codes/aztec-codes

Data Matrix

こちらも二次元バーコードの一種です。

まとめ

以上の4つが新たにFileMaker18から対応可能となりました。

初めて聞くようなバーコードの種類も
あったのではないでしょうか。

私たちにとって馴染みのないバーコードであっても、
企業様にとっては待望のバーコードかもしれません。

対応可能なバーコードの種類が増えることで
これまで実現できなかった機能やシステムの実現性も
高くなります。

この記事がいつかお役に立てると幸いです。

Follow me!